切らないワキガの治療法について

ワキガと言うのは汗自体には臭いが無く、汗と皮膚にある雑菌と混ざり、それが分解されることで特有の臭いになるのが特徴です。
軽度の場合などでは、自分では気が付かず家族などから言われて初めてワキガと言う症状になっている事を知る人も居ると言います。ワキガの原因と言うのは、皮膚の奥の方にある汗腺組織でもあるアポクリン腺から分泌される汗が原因であり、ここから分泌される汗と言うのは臭いが無いのだと言います。

しかし、皮膚に存在している雑菌と混ざることで、特有の臭いになるのです。


軽度の場合などでは、ボトックス注射を利用する事で薬剤の効果が在るうちは臭いも感じられず、普通の状態になると言いますし、注射器を使うだけで一時的な緩和の治療になると言うメリットもあるのです。
但し、完全な治療と言う事ではなく薬の効果が切れる事で再び臭いは出るようになってしまいます。

ワキガの治療には手術による方法が再発をせずに済むと言われているのですが、手術を行う場合には、麻酔を使って皮膚を切開し、アポクリン腺を切除すると言う外科的手術が必要になります。
そのため、傷跡が残ると言う事からも治療を考える人もいるのですが、最近は切らずにワキガの治療が出来る方法に注目が集まっているのです。但し、この方法は比較的新しい手法であり、再発が起き無いと言った保証は有りません。

しかしながら、傷痕が残る外科的手術と比べると麻酔などをせずに治せる事からも注目されているのです。

















関連リンク

昼間の時間帯のみの勤務が可能な看護師の求人先


看護師が昼間の時間帯のみ働く事が出来る勤務先には様々な場所があります。代表的な勤務先としては、医療機関の日勤のみの勤務があり、クリニックは病床を完備していないことも多いために日勤のみの勤務が基本です。...

ワキガ治療の種類について


ワキガ治療には幾つかの方法が有りますが、外科的手術を利用した治療方法は、ワキガの原因となるアポクリン腺を除去する方法であり、治療法の中では再発が起き難いと言われているのです。因みに、ワキガと言うのは皮膚の奥の方にあるアポクリン腺と汗腺があり、アポクリン腺から汗が分泌されることで皮膚に存在している雑菌と混ざり合わさり、これが分解されることで特有の臭いとなるのが特徴です。...