ワキガを手術によって治療する

汗には臭いはありません。
ワキガの臭いはアポクリン腺からでてくる汗にあります。



この汗には脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分が含まれています。
また皮膚表面には常在菌が存在していてこれらの成分を分解します。



とのときに独特のにおいが発生するのです。


そこでワキガの治療法としてアポクリン腺を取り除く方法が採用されることもあります。



手術の方法はいくつかあり、まず直視下手術法があります。
これはワキの下を切開して裏返し、アポクリン腺を取り除きます。

また皮下組織削除法といって、専用器具を使って皮下組織ごと削りとることでアポクリン腺やエクリン腺を除去する方法もあります。

ただ回復まで時間がかかるという難点があります。また皮膚が壊死する危険性もあり、執刀医の技術力が必要です。
それから手術跡が目立たない治療法を選択するのであれば、皮下組織吸引法や超音波吸引法があります。前者はワキの下に小さな穴を開け、そこから細い管を通してアポクリン腺を吸引する方法です。



傷口の上記の方法と比較して手術で大きく切開することがなため傷跡も目立たないのがメリットですが、アポクリン腺を完全に除去するのは難しいです。



完全にとりきれず根の部分が残ってしまうとワキガが完治せずもとに戻ってしまう場合があります。また超音波を使ってアポクリン腺を破壊して吸引するという治療法もあります。



ただこれも技術的には難しいです。



執刀医のスキルにもよりますが、超音波によって発生する熱で火傷などをおこすリスクがあります。



関連リンク

ワキガを手術によって治療する


汗には臭いはありません。ワキガの臭いはアポクリン腺からでてくる汗にあります。...

ワキガ治療の効果と傷跡の関係


ワキガ治療はアポクリン汗腺を取り除かなければ完治は無い症状となりますが、効果が大きい方法には傷跡が大きくなるデメリットがあります。傷跡が小さいワキガ治療にはボトックス注射がありますが、ボトックスの成分がアポクリン汗腺を働きを抑え臭いを解消することが可能です。...