ワキガ治療の効果と傷跡の関係

ワキガ治療はアポクリン汗腺を取り除かなければ完治は無い症状となりますが、効果が大きい方法には傷跡が大きくなるデメリットがあります。
傷跡が小さいワキガ治療にはボトックス注射がありますが、ボトックスの成分がアポクリン汗腺を働きを抑え臭いを解消することが可能です。


注射によるワキガ治療ですから傷跡は無いに等しいですが、その分効果を持続できないのが特徴です。


ボトックスの成分が作用できる期間しか効果を発揮できないため、傷跡も小さければ効果も小さいと言えます。
超音波を使用した吸引法は僅かな穴をあけて器具を挿入しますので、傷跡はある程度残りますがアポクリン汗腺を直接取り除けるため効果は高くなります。しかし実際には目で直接確認できる訳ではないため、完全には取り除けないのがデメリットになります。
重度の症状の場合には吸引法では再発や臭いが残る可能性があるため、専門医の判断により選択する必要があると言えます。


最も効果の高いワキガ治療はせん除法になりますが、皮膚を切開して裏返し直接目で確認しながら取り除くため、取り残しが少なく完治が可能な方法となります。
取り残しを防ぐには技術力が関係してきますが、目で確認できるため確実に取り除くことが可能です。
もちろん効果の高さは大きいですが、その分傷跡も大きくなってしまうのがデメリットになります。ワキガ治療では効果の高い方法ほど傷跡も大きくなるのが基本ですが、臭いの程度によっても効果が変わります。

















関連リンク

ワキガ治療の種類について


ワキガ治療には幾つかの方法が有りますが、外科的手術を利用した治療方法は、ワキガの原因となるアポクリン腺を除去する方法であり、治療法の中では再発が起き難いと言われているのです。因みに、ワキガと言うのは皮膚の奥の方にあるアポクリン腺と汗腺があり、アポクリン腺から汗が分泌されることで皮膚に存在している雑菌と混ざり合わさり、これが分解されることで特有の臭いとなるのが特徴です。...

ワキガを手術によって治療する


汗には臭いはありません。ワキガの臭いはアポクリン腺からでてくる汗にあります。...