ワキガ治療の種類と効果

ワキガは本人が自覚しにくい性質があるため、周辺に与える影響は大きいのが特徴です。



本人が気が付いた時には、程度によっては社会生活に支障をきたすほど悪臭を放ちますが、自覚できれば適切な治療により解消が可能です。



現在行われているワキガ治療にはいくつかの種類がありますが、程度によって適した手術は異なりますので専門医の判断が必要です。



臭いの原因はアポクリン汗腺となりますが、基本的にはアポクリン汗腺を取り除かない限り臭いを解消することはできないのが現状です。



臭いが軽い場合にはボトックス注射などである程度軽減することは可能ですし、中度の場合には吸引によって取り除くことも可能です。


重度の場合にはせん除法により確実に取り除く必要があります。



せん除法は切開が必要となる手術ですから、脇とは言っても傷跡が残るのがデメリットになりますが、臭いは確実に解消することが可能です。

吸引法は傷跡が小さいために気になる人には最適ですが、目で確認して取り除けないため、取り残しにより臭いが完全には消せない場合があります。



ワキガ治療には種類がありますが、症状によって適不適がありますので専門医に相談するのが最適です。



せん除法でも手術を行う医者の技術力によっては取り残しが発生するため、成功するかどうかは医者の能力にかかっていると言えます。



ワキガ治療は一般的な美容クリニックでも行われていますが、専門医のいるクリニックを選ぶことが大切です。

関連リンク

メンズエステについて


最近では、女性だけでなく男性でもエステに通うようになって来ています。それに伴いメンズエステが増加しています。...

ワキガの治療方法について


ワキガは、手術などによって治療することができます。ワキガは腋の汗腺から不快なにおいが発せられる人体形質の一つで、疾患としても扱われます。...