看護師の求人先となる総合病院の特徴

看護師の求人先として代表的な医療機関が、複数の診療科目を備えた総合病院です。



大規模な医療機関では多くの来院患者の看護を担うスタッフが必要とされ、診療時間に外来で勤務する看護師だけではなく、二十四時間体制で病棟で勤務できるナースも必要とされているのです。

これらの理由から総合病院ではナースの求人が大変目立つ状態です。



総合病院での看護師の仕事は役割分担が勤務先ごとに決まっていることから、配属先の部署や診療科目により職務内容が画一化されていることが一般的です。



そのため、特定の診療科で検査業務の介助を担うナースは検査を受ける患者のケアに専念することができ、診察室でのドクターの補助的な仕事は他のナースが受け持つ事が多くなるため、ナースとしての専門性を発揮することもできるようになっています。



しかしながら、規模の大きな医療機関では各診療科目ごとの連携を効率良く取らねばならないという性質上、看護師には患者のケアに担当する際にも各診療科目との詳細な情報伝達が必要とされます。



その結果、患者の病状に関する各種の情報を異なる診療科のドクターに伝達するために、検査結果をまとめ必要書類を作成するなどの事務的な仕事も多くなるのです。



従って、ナースにもオフィスワーク的な作業が必要とされる事が多くなります。



そのため、総合病院の求人に応募する看護師としては、患者のケアに関する専門技術だけではなく、医学的な情報をまとめる事務的な能力も必要とされ、基本的な書類作成のスキルに精通している事が大切です。



関連リンク

看護師の求人はどこにあるのか


看護師は日本全国どこの病院でも常に募集をしている状態です。そのため病院の雰囲気が自分に合わない、給料が安い等の不満があっても他の業種に比べ転職をしやすい環境ではないでしょうか。...

せん除法によるワキガ治療


ワキガ治療には色々な方法がありますが、効果の高いものには切除法とせん除法があります。共に直接目で確認しながらアポクリン汗腺を取り除きますので、技術力が確かであれば完治を目指すことが可能です。...